【走れ!古本屋】本と遺体とデジモノ暮らし

古本屋が垣間見る古本の世界!ブックオフセール情報なども盛り沢山!

古本はさすらいの旅がらす-壮絶な「本生(ほんせい)」

スポンサーリンク

神保町で業者の仕入れ市に行ってきました!

 

何ともいかつい本を発見!

 

f:id:beauty-box:20150813234340j:plain

 

どうです?

 

f:id:beauty-box:20150813234443j:plain

 

 いかついでしょう?

 

f:id:beauty-box:20150813234456j:plain

 

いやいや・・・

 

実はそこじゃないんです。

 

f:id:beauty-box:20150813234514j:plain

 

注目してもらいたいのは、本に貼られたシールなんです。

 

この本、某中古古本チェーン店の閉店に伴って、古本市に流れてきた物らしいのですが・・・

 

緑のシールはブックオフ、オレンジのシールは古本市場のモノ。

 

 西へ東へ流れ流れの壮絶な人生・・・

 

ならぬ「本生」!って・・・

 

どんだけ売れてねーんだよ!?

 

 

そんな心の叫びはひとまず置いといて、

 

こうして考えてみると、本1冊1冊にもドラマがあるんですね~

 

次はどんなドラマが待っているのやら?

 

少しでも長く、少しでも多くの人に読まれたなら、その本の一生も

 

「我が本生に一片の悔い無し!」

 

となるんでしょうね。

 

「どれだけキレに保管されてたかじゃない!例えこの身が傷つこうとも、どれだけ多くの人に読まれたかだ!」

 

なんて本が言ってるかどうかは知りませんが、少しでも多くの人に読み繋いでもらいたいものですね。

 

それこそ本冥利に尽きるってもんですよ!